のぼり旗と旗の違いについて

街に出かけるとどこにでもある「旗」「のぼり旗」ですが、今回は旗とのぼり旗の違いについてお話します。

のぼり旗は、日本発祥の文化といわれており、室町時代に生まれたと言われております。
戦が激しかった時代に、自分の仲間とわかるように、のぼり旗を作り掲げることで、敵と仲間の区別をしていたといわれております。

のぼり旗は縦長の作りになっていることから、邪魔にならずコンパクトだということで、現在では広告やプロモーションの1つとして受け継がれています。

のぼり旗は日本が発祥ということで、海外の方が日本に訪れた時、あまりののぼり旗の多さに驚く人も多くいるそうです。

では、のぼり旗と旗は何が違うのでしょうか?

 

のぼり旗と旗の違いとは

大きな特徴として、使用された素材が違います。
のぼり旗は、風になびきやすくするため、薄い記事が使用されていまます。
さらに、乳(ちち)という輪っかが片面にあり、のぼり旗を安定して掲げることができます。

のぼり旗は、縦文字かつ長い文章を入れることができるので、宣伝・広告などに使われる事が多く、街の活気の演出効果もあります。

よって、飲食店やお祭りなど様々な場所や用途で使用されていますね。

のぼり旗は掲げる際のルールなどは一切ないので、自由に掲げる事ができます。

宣伝するための用途しては使いやすく優秀なため、最近ではいろいろな記事や素材が使用されてどんどん進化しています。